Sunday, August 28, 2011

新シティ・カフェ - The Bucket

Hay StreetとWolf Lane (カントリー・ロード・カフェの裏側に続く)に続くアーケードの角のブティックがいつの間にか格好よいカフェに変わっていた。

A small boutique in the back alley of Wolf Lane has been converted to the Bucket - a new little cafe with style.


明るくオープンな店内は、すでに近くのオフィス客でにぎわっている。トーストやマフィンなどカフェ定番メニューからキッシュ、サラダまである。価格もリーズナブル、サービスもてきぱきしていて気持ちよい。
The vibrant cafe, constantly packed with officer workers, offers quality cafe food such as muffins, panini, quiche and salads. With great services and reasonable price, the Bucket will be a new star in the area in no time.

テーブル数は少ないが、絶対に人気がでるはず。Wolf Lane周辺はTiger Tiger, Country Road cafe, King St Cafe と使えるカフェのメッカになってきた。
Wolf Lane is becoming a mecca for quality cafes with popular names like Tiger Tiger, Country Road cafe and  King St Cafe.

詳細は下記の通り。
http://www.thebucketcafe.com.au/
http://www.facebook.com/pages/The-Bucket-Cafe/139419866132638

Sunday, August 14, 2011

カントリー・ドライブ - A day in the country

パースから南東へ車で約1時間30分。穀物生産地帯にあるWilliamsはかわいい町だ。
A pretty town of Williams is located in just 160km South of Perth (90min drive).


3分あれば町の中心部を越えてしまうぐらいだが、町に入ってすぐの場所にあるWoolshedは地元の農家の人々で賑わっている。
It probably take less than 3min to drive past the town centre but it is east to find "Woolshed" - a compact showcase of the region's offerings including the famous home cooked treats at the Shed Cafe.


オーストラリアの地方部に行くと、いつも注文するステーキ・サンドイッチとクラブハウス・サンドイッチをオーダー。3段重ねのサイズに驚いた。
I always order steak sandwich and clubhouse sandwich everytime I visit a country town. Huge triple decker sandwiches were very satisfying.



かなりお腹が一杯だったが、ホームメードのフルーツ・ケーキのディスプレイを目の前にして注文せずにいられなかった。カントリー・ランチの完璧な締めくくりだ。
I was already full but I couldn't help myself from ordering a fruit cake to finish off a country lunch. It was certainly a good decision.



詳細は下記の通り

Sunday, August 7, 2011

おいしいイギリス2-London groumet scene


たかがイギリスと侮るなかれ。イギリス英語より世界各国のアクセントを耳にするほうが多いロンドンは様々な各国料理があらゆる価格帯で簡単に手に入る。まるでヨーロッパの東京のよう。
Don't underestimate England. London offers great diversity in people and food. You don't often hear English accecent at shops anymore. London is Tokyo in Europe for its access to diverse gourmet selections at every price range.


パースへ戻る機内ではNeil Perry監修の朝食パンケーキ。うれしい旅の締めくくりとなった。
Strawberry pancake was served as Neil Perry designed breakfast menu on the place back to Perth. What a nice way to finish a trip.

Monday, August 1, 2011

おいしいイギリス-Crisitini in Paddington

パースからシンガポールでの乗り継ぎ時間も含めて20時間、ロンドンへ。ほとんどホテルと会議場の往復の毎日だったが、同僚の口コミからPaddington駅から徒歩圏内に素敵なイタリアン、Cristiniを発見。20時間かけて移動した甲斐があった。

It was worth travelling 20hours from Perth to London as I was able to dine at a cosy but traditional Italian restaurant near Paddington Station.

前菜はサーモン・タルタル。イギリスにいる間にパースでは貴重な冷水魚を堪能しようというもくろみだ。サイドのキャビアと共にカリカリに焼かれたパンの上にのせて食べる。
Entree was salmon tartar. It was my intention to have as much cold fish as possible to make most of my stay in UK - It is extremely difficult to find a quality cold fish in Perth. Caviar on the side created a perfectly balanced harmony and texture to the dish.

チェリートマトとボッコンチーニ・チーズの前菜オプションもある。
Cherry tomato and bocconcini cheese were also available as entree.
迷った末、メインはパスタに。チキンとほうれん草のラビオリ。パスタの味を邪魔しない量のトマトソースとのバランスが絶妙。
I chose a pasta dish as main. Chicken/spanich filled raviolli was accompanied by the right amount of tomato sauce to enhance rich flavour of pasta/fillings.

デザートのティラミスは多分今まで試したティラミスの中でもトップ3に入る味。その日の朝にマーケットで手に入れたという新鮮なラズベリーの酸味がマスカルポーネの甘さとマッチして、もう1つ食べられるぐらいおいしい。
Tiramisu was deinitely one of the top 3 tiramisues I've ever tasted. Fresh rasberries (bought fresh from a local market in the morning) add a slighl acidity to sweet mascarpone to differenciate Cristini's tiramisu from others. 
仲間達と大笑いしながら歓談しディナーがさらにおいしくなった。結局「楽しく人と一緒に食べる」というのが一番大切なのかもしれない。
A great laugh and insghtful conversation with friends made the dinner even tastier. After all, great company is the most important factor for a dinner to remember. What a fantastic way to finish a busy day.

詳細は下記の通り See below for details.