Monday, August 1, 2011

おいしいイギリス-Crisitini in Paddington

パースからシンガポールでの乗り継ぎ時間も含めて20時間、ロンドンへ。ほとんどホテルと会議場の往復の毎日だったが、同僚の口コミからPaddington駅から徒歩圏内に素敵なイタリアン、Cristiniを発見。20時間かけて移動した甲斐があった。

It was worth travelling 20hours from Perth to London as I was able to dine at a cosy but traditional Italian restaurant near Paddington Station.

前菜はサーモン・タルタル。イギリスにいる間にパースでは貴重な冷水魚を堪能しようというもくろみだ。サイドのキャビアと共にカリカリに焼かれたパンの上にのせて食べる。
Entree was salmon tartar. It was my intention to have as much cold fish as possible to make most of my stay in UK - It is extremely difficult to find a quality cold fish in Perth. Caviar on the side created a perfectly balanced harmony and texture to the dish.

チェリートマトとボッコンチーニ・チーズの前菜オプションもある。
Cherry tomato and bocconcini cheese were also available as entree.
迷った末、メインはパスタに。チキンとほうれん草のラビオリ。パスタの味を邪魔しない量のトマトソースとのバランスが絶妙。
I chose a pasta dish as main. Chicken/spanich filled raviolli was accompanied by the right amount of tomato sauce to enhance rich flavour of pasta/fillings.

デザートのティラミスは多分今まで試したティラミスの中でもトップ3に入る味。その日の朝にマーケットで手に入れたという新鮮なラズベリーの酸味がマスカルポーネの甘さとマッチして、もう1つ食べられるぐらいおいしい。
Tiramisu was deinitely one of the top 3 tiramisues I've ever tasted. Fresh rasberries (bought fresh from a local market in the morning) add a slighl acidity to sweet mascarpone to differenciate Cristini's tiramisu from others. 
仲間達と大笑いしながら歓談しディナーがさらにおいしくなった。結局「楽しく人と一緒に食べる」というのが一番大切なのかもしれない。
A great laugh and insghtful conversation with friends made the dinner even tastier. After all, great company is the most important factor for a dinner to remember. What a fantastic way to finish a busy day.

詳細は下記の通り See below for details.

No comments:

Post a Comment